【雪道での必需アイテム】スタッドレスタイヤの特徴を解説

冬道走行には欠かせない

男女

特徴によって走行が可能

冬の道路を自動車で走るためには、夏用タイヤから冬用のスタッドレスタイヤに履き替えて運転をしなければなりません。一昔前では、タイヤにピンを埋め込んだスパイクタイヤが主流でしたが、粉塵公害が問題となったために、ピンが埋め込まれていないスタッドレスタイヤが現在では主流となっています。このスタッドレスタイヤの特徴は、夏用タイヤとは異なる特殊なゴムを使用しているため、氷雪路においても抜群のグリップ力を発揮します。一般的なゴムは低温になると硬くなってしまいますが、スタッドレスタイヤのゴムではマイナス20度になっても硬化しにくく、路面にしっかり密着できる性質のゴムを使用しているのです。また、スタッドレスタイヤには、地面と接するトレッド面に縦方向と横方向の様々な溝があり、溝の中で雪を踏み固めることでグリップする力を高めています。凍結した道を走行するときは、路面の氷上に薄い水膜が出来ることで滑りの原因となっていますが、この水膜を取り除くように設計されているので、滑らず安定して走行することが可能です。スタッドレスタイヤの特殊なゴムと深い溝、浅い溝、縦と横の多彩な溝によって冬道での走行性能を高め、止まる曲がるなどの行為が容易に出来るようになっています。スタッドレスタイヤの雨の日走行では、吸水性能によって水分を多く含むという特質もあるので、夏用タイヤに比べて滑りやすいのが特徴です。そのため、雪の降らない季節では夏用のタイヤに履き替えることで、スタッドレスタイヤより安全に走行することができます。このような要点があるので、雪の降る季節が来たら早めにスタッドレスタイヤへ交換するようにしましょう。