【雪道での必需アイテム】スタッドレスタイヤの特徴を解説

失敗しないタイヤ選び

玩具の車

性能をしっかりチェック

スタッドレスタイヤは今では冬用タイヤの代名詞になるほど普及し、国内外のメーカーから多彩な製品が発売されています。雪道や凍結路での安全性が高く、除雪された道でも普通に走れることが人気の理由です。ただし雪が消えたら夏用タイヤに履き替えるのが、スタッドレスタイヤの正しい使用法です。スタッドレスタイヤは通常のタイヤよりも、ゴムが軟らかく磨耗しやすいとか、ハイドロプレーニング現象を起こしやすいとか言われています。また燃費が悪いと言われることもあります。しかし最近ではスタッドレスタイヤの技術開発が進み、このような弱点が克服された製品も出回っています。どんな性能を求めるかによって、タイヤを選ぶ基準は変わってくるでしょう。積雪量の多い地域で利用する場合には、何よりも雪道でのグリップ性能を重視しなければなりません。同じ雪道でも新雪やシャーベット状の雪やアイスバーンなど、さまざまな状況に対応できることが重要です。反対に積雪量があまり多くない地域では、燃費や減りにくさを優先させるのも選択肢のひとつです。経済性の観点から言えば、もちろん価格もタイヤ選びの大切な基準になります。ほかにもハンドリング性能や静粛性・乗り心地など、タイヤメーカーごとに特色のあるコンセプトを打ち出しています。スタッドレスタイヤには吸水系・撥水系・密着系などの種類があり、それぞれに違った特徴があります。基本性能をしっかりチェックして、目的に沿ったタイヤを選んでください。