【雪道での必需アイテム】スタッドレスタイヤの特徴を解説

タイヤ交換

事前の確認が大切です

タイヤ交換をお店などにタイヤを持ち込みでお願いする場合には、事前に確認をしておくことがあります。特にタイヤサイズとホイールのサイズは伝えておくことが重要です。かかる費用なども事前に明確にしておきたいものです。

男女

冬道走行には欠かせない

冬道を走るにはスタッドレスタイヤが欠かせません。寒くても硬化しにくい特殊のゴムを使用し、深い溝や縦横の溝によって安定した走行と曲がる、止まるが容易にできるのが特徴です。なお、吸水性能で雨の日は滑りやすいことから季節外は早めに交換しましょう。

タイヤ交換

安全に車を走らせるために

ゴムの劣化やひび割れ、すり減りが起きるとタイヤ交換が必要です。ネットでタイヤを購入し持ち込みによる交換をするときは、前もって交換作業が可能か、予約は必要かなど調べておきましょう。また、タイヤ交換にかかる費用の詳細もしっかり確認することです。

玩具の車

失敗しないタイヤ選び

かつてスタッドレスタイヤは磨耗しやすいとか燃費が悪いとか言われましたが、現在では弱点が改善された製品も数多く発売されています。グリップ力や燃費や乗り心地など、重視する性能に合わせて選ぶことが大切です。

タイヤ交換

車の必須作業 

タイヤ交換は店舗でタイヤを購入して組み替える方法と、ネット購入して持ち込みする方法があります。費用はディーラーやカーショップ、ガソリンスタンドなど場所によって様々なので調べてから利用しましょう。安く済ませるなら車検と同時交換も一つの手です。

降雪地域では必需品

運転

夏タイヤとは違う工夫

日本では以前はタイヤに鋲がついているスパイクタイヤが主流でしたが、スパイクタイヤは道路への影響や路面を削って走ると粉塵などから使用されなくなりました。現在は鋲がないスタッドレスが主流となっており、技術の進化から冬の道路を安全に走行するための工夫がされています。スタッドレスタイヤと夏タイヤの大きな違いはゴムの性質です。スタッドレスタイヤの場合、雪道や凍った道でも安全な走行が必要となり低温でもしなやかな性質を保つことができる柔らかいゴムが使われています。また雪道や凍った道を走行中に滑らないように工夫がされています。スタッドレスタイヤに施されている工夫には、雪道でもタイヤの溝がしっかりと雪を掴んでグリップ力を発揮できるようにトレッド面の溝が深く掘られています。さらに深い溝だけでなくトレッド面には細かい小さな溝が刻まれていて、凍った道を走行するときに路面と密着度をアップし摩擦力をアップします。スタッドレスタイヤはチェーンと違って一度装着すれば雪道や凍った道でも走行することができ、雪や氷がない乾燥している道でも走行することができます。チェーンと比べると耐久性が高いため長期間使うことができます。雪が降る前にあらかじめ夏タイヤからスタッドレスタイヤへと交換しておくことができるため、突然雪が降っても慌てることなく対応することができます。雪が降りやすく凍りやすい地域には冬には必需品です。車のタイヤ4本すべてに装着するため、雪山や坂道の登りでも下りでも安定して走行することができます。夏タイヤと変わりなく乗り心地がよくチェーンと比べて走行中の音も気になりません。